【中アセアン】リスク分散から分業体制へ:中国は「世界のマザー工場」

第2回 人件費の高騰や労働力人口の減少によって生産拠点としての競争力が低下しつつある中国。だがリスクの分散先として日本企業の関心が中国から東南アジア諸国連合(ASEAN)に向かっているいまも、「世界の工場」と呼ばれるまでに成長したサプライチェーンや蓄積された技…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「ワクチン接種すべきか」、悩む在留邦人(05/13)

テイクオフ:目まぐるしい社会人1年…(05/13)

自動車年間販売が4千万台へ 業界団体報告、20年比6割増に(05/13)

トヨタ増益2.2兆円、今期販売は拡大計画(05/13)

4月の新車販売、8.6%増の225万台(05/13)

電動車30年に800万台へ、現状の80%相当(05/13)

米、中国製機器の制限継続=バイデン氏(05/13)

香港日清、大埔工場にスマート生産ライン導入(05/13)

中国米国商会が白書発表、3点提案(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン