• 印刷する

科学技術分野の人材育成、中国に支援要請

カンボジアのフン・セン首相は19日、科学技術分野での人材育成に関して、中国政府に協力を要請した。クメール・タイムズ(電子版)が20日に伝えた。

フン・セン首相は19日、カンボジアを初めて訪問した中国の万鋼・元科学技術相と会談。ITを軸とする第4次産業革命(インダストリー4.0)やデジタル化社会への対応など、科学技術分野での関係強化に向けて、研究開発(R&D)を行う人材育成などに中国側の支援を求めた。

カンボジアのソファレス・イアン首相秘書官によると、フン・セン首相は具体的に、中国政府がカンボジア王立アカデミー、教育青年スポーツ省、労働省との協力体制を構築し、政府職員向けの研修機会を設けることなどを要請したという。

万鋼氏は現在、中国の政策提言機関である中国人民政治協商会議全国委員会(全国政協)の副主席を務める。同国の新エネルギー車(NEV)推進政策の立案に深く関わり、「中国の電気自動車(EV)の父」とも呼ばれている。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

サウジから帰国の15人、コロナ陽性(07/14)

中国開発銀、アクレダ銀に1.3億ドル融資(07/14)

正月の振り替え時期、来月17~21日に(07/14)

政府貯蓄から11億米ドル拠出、コロナ対策で(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン