• 印刷する

平均・健康寿命で世界トップ、米研究所

2017年に世界で最も平均寿命と健康寿命が長かった国・地域はシンガポールであったことが、同国の保健省と米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)の共同調査で分かった。

同調査によると、シンガポール人の2017年の平均寿命は84.79歳、日常生活を送れる期間を示す健康寿命は74.22歳だった。1990年との比較では平均寿命が8.7歳、健康寿命が7.2歳伸びている。2位は日本で平均寿命が84.19歳、健康寿命が73.07歳。

シンガポールの17年の平均寿命を性別で見ると、女性が87.55歳で世界1位、男性が81.94歳で世界2位だった。健康寿命は女性(75.81歳)、男性(72.58歳)でともに世界1位となっている。

シンガポール人が罹患した疾患や障害では、筋骨格系疾患が21%で最も多かった。これに精神障害(17%)、外傷(9%)、神経疾患(8%)、視覚など感覚器官の障害(6%)が続いた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:このところニュース報道…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

自宅待機措置の対象者、日系企業で3割超(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

在宅勤務未実施の企業、業務停止命令も(04/01)

国内感染が増加、計926人(31日)(04/01)

金融庁、中小・個人の融資返済を支援(04/01)

サンゲツ、ホーチミン市に現法設立(04/01)

新型コロナ簡易検査キット、地場企業が開発(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン