【労働関係法の基礎知識】第90回: シンガポールの職場安全・衛生(その3)

労働安全衛生を推進するため、職場安全・衛生法(WSHA)では、まず雇用主などの義務について定めています。 では、職場安全衛生を確保する責任は誰に課されているのでしょうか? 以前の工業法では、工場占有者だけに義務が課されていましたが、WSHAの第10条では、職場安…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(13:33)

経済成長率予測、マイナス1%維持=DBS(11:47)

テイクオフ:約2カ月に及ぶ職場・学…(06/04)

8日から渡航制限を一部緩和 まず中国と、経済活動再開へ道筋(06/04)

不動産所有者に追加支援、ローン返済に猶予(06/04)

ハイフラックスに不正疑惑、当局が捜査開始(06/04)

カーシェアのスムーブ破綻、清算手続きへ(06/04)

アンダーソン・毛利・友常、地場同業と提携(06/04)

保険グレートイースタン、1千人と代理人契約(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン