• 印刷する

テイクオフ:「セブにいい店ないかな…

「セブにいい店ないかな」と、日本の友人からメッセージが届いた。10年勤めた会社を辞め、7月から短期語学留学するという。ついでにダイビングショップを探しており、フィリピンを足掛かりに再スタートを切る準備を進めている。

マニラで会った女性は、バギオの英会話学校に通いながら、週末はサーフィンに出掛けていた。現在は首都圏で働いており、いつかサーファーが集うシアルガオ島にも足を運ぶそうだ。

昔も今も、マリンスポーツが盛んな南国の英語圏。経済成長と治安イメージの改善により、訪問する日本の若者が増えているのが現状だ。金融サービスや食事情など各分野が発展途上で、不便さを感じることもあるだろうが、それだけ成長の余地があり、アップカレント(上昇流)が渦巻く。「主目的はダイビングだけど」と語る友人の訪問が、長期化しそうな予感がしている。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

税制改革第2弾、上院歳入委が承認(02/21)

政府支出25%増、噴火と新型ウイルス対策で(02/21)

貿産相、EUの「人権懸念」に反論(02/21)

ブラカン空港の着工遅れ、政府は問題視せず(02/21)

エネ省、石油会社に顧客データの提出要求(02/21)

AIで新型肺炎リスク測定、MYEG(02/21)

比航空持ち株社長にタン氏、後継者死去で(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン