• 印刷する

今年のバイク市場は2%減予測=カシコン銀

タイのカシコン銀行傘下の民間総合研究所カシコン・リサーチ・センターは14日、今年のタイのバイク市場が前年比2%減の175万5,000台との予測を発表した。農産物価格の低下による農家所得の減少などが販売の重しになると説明している。

カシコン・リサーチは、今年は農産物価格低迷に加え、タイ経済の減速や融資審査の厳格化が販売を押し下げていると指摘。政府が2020年初めにバイクの物品税の算出方法を排気量から二酸化炭素(CO2)の排出量に変更することで、来年は特に排気量125cc以上のバイクの価格が上昇する見込みだ。125cc以上のバイクは市場全体の一部にとどまるため、算出方法変更前の駆け込み需要による市場の押し上げ効果は限定的と予測している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

1~6月の車生産は0.9%増 国内向けけん引、下期は減速予測(07/19)

1~6月の車輸出0.4%減、オセアニア縮小(07/19)

仏プジョー、マスターを販売代理店に指名(07/19)

BMWモトラッド、1~6月販売は650台(07/19)

タイ、ベトナムの車輸入規制をWTOで提議(07/19)

アルプス物流が新倉庫、東南ア最大拠点に(07/19)

インディゴ、来月22日から国際線2路線就航(07/19)

タイ航空、エアバス8機を米企業に売却へ(07/19)

複線鉄道3路線の信号設備入札、23日に実施(07/19)

モスバーガー、現地パートナーが7億円投資(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン