• 印刷する

今年のバイク市場は2%減予測=カシコン銀

タイのカシコン銀行傘下の民間総合研究所カシコン・リサーチ・センターは14日、今年のタイのバイク市場が前年比2%減の175万5,000台との予測を発表した。農産物価格の低下による農家所得の減少などが販売の重しになると説明している。

カシコン・リサーチは、今年は農産物価格低迷に加え、タイ経済の減速や融資審査の厳格化が販売を押し下げていると指摘。政府が2020年初めにバイクの物品税の算出方法を排気量から二酸化炭素(CO2)の排出量に変更することで、来年は特に排気量125cc以上のバイクの価格が上昇する見込みだ。125cc以上のバイクは市場全体の一部にとどまるため、算出方法変更前の駆け込み需要による市場の押し上げ効果は限定的と予測している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(13:36)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:米国の影響力をやゆして…(02/26)

【循環型経済】バイオプラ、車も植物由来に オランダに見るタイの活路(上)(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

Thaco、タイに起亜の乗用車を初輸出(02/26)

電動車の新規格、3月に発効見通し(02/26)

シボレー、アフターサービス維持を強調(02/26)

タイ損害保険ティパヤ、カンボジア進出へ(02/26)

ホンダ車販売のオートコープ、子会社設立へ(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン