• 印刷する

テイクオフ:「コールセンターは、こ…

「コールセンターは、これまでで最も困難な仕事だ」と、友人がぼやく。夜勤は大きな手当てが魅力だが、苦情対応で精神的に厳しい。ただ「少なくとも、カスタマーサービスについて学ぶことは大きい」という。

大学のクラスメートは、コールセンターで働きながら学費を稼いだ。卒業後も同産業でキャリアを積み、今では管理職となっている。学生時代は苦しかったが、長年の努力が報われた。

稼げるが、苦労の多い仕事だ。英語力を生かし、米系企業などの顧客対応で学業を全うできる若年層が多い一方、世界中の顧客に対応するため夜勤が多く、就業者の生活が不規則になるとの批判もある。

時代とともに、電話対応の「コールセンター」は、チャットなどの意味合いを含め「コンタクトセンター」とも呼ばれるようになった。世界に誇るフィリピンの産業は、今後どう変わっていくのだろうか。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:知らぬ間にマスクの価格…(08/10)

コロナ感染者、東南ア最多に 政府は否定、検査数で大差(08/10)

コロナ感染新たに3109人、計12万9913人(08/10)

アビガン治験近く開始、保健省(08/10)

比人の配偶者、入国にビザ必要=入管(08/10)

国巨の7月売上高2倍に、米同業の買収効果(08/10)

コロナ陽性者の隔離部屋、企業に設置義務(08/10)

政府、優先インフラ8事業を棚上げ(08/10)

今年の新車市場40%減に、自工会(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン