• 印刷する

テイクオフ:「コールセンターは、こ…

「コールセンターは、これまでで最も困難な仕事だ」と、友人がぼやく。夜勤は大きな手当てが魅力だが、苦情対応で精神的に厳しい。ただ「少なくとも、カスタマーサービスについて学ぶことは大きい」という。

大学のクラスメートは、コールセンターで働きながら学費を稼いだ。卒業後も同産業でキャリアを積み、今では管理職となっている。学生時代は苦しかったが、長年の努力が報われた。

稼げるが、苦労の多い仕事だ。英語力を生かし、米系企業などの顧客対応で学業を全うできる若年層が多い一方、世界中の顧客に対応するため夜勤が多く、就業者の生活が不規則になるとの批判もある。

時代とともに、電話対応の「コールセンター」は、チャットなどの意味合いを含め「コンタクトセンター」とも呼ばれるようになった。世界に誇るフィリピンの産業は、今後どう変わっていくのだろうか。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(18:20)

クルーズ船が出航、フィリピンへ(02/28)

AIで離職防止対策など提案 スタートアップ、日系企業に(02/28)

大統領、カラバルソンに「災害事態」宣言(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

共用通信塔の整備、計画発表が3月に(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

新型コロナで企業合理化、貿産相が懸念(02/28)

配車グラブ、車両登録枠の全活用求める(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン