【ASEAN戦略】年3~5%以上の成長見込む 横河電、成熟度に応じたサービスで

横河電機が東南アジア諸国連合(ASEAN)事業を強化している。グループ全体の成長をけん引する市場とみているためで、新たに開始する基幹業務システム(ERP)による経営支援サービスを含むソリューションを各国の市場の成熟度に合わせて提供。グループ全体の2020年までの受…

関連国・地域: タイシンガポール日本ASEAN
関連業種: 電機IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

新たなユニコーン企業が誕生 画像解析トラックス、米上場視野(20:54)

地場QRコード決済、日本で利用可能に(15:36)

既存企業と新興企業の提携、政府が支援(15:01)

テイクオフ:スマートフォン向けゲー…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

豪で世界最大の太陽光発電所 新興サン、東南アへの供給視野(07/23)

大阪ガスが地場AGPに出資、LNG事業強化(07/23)

保険大手GEH、法人顧客にオンライン診療(07/23)

科技庁とSTエンジ、スマート技術開発(07/23)

科技庁と地場コンサル、スマート都市で提携(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン