• 印刷する

ベトナムの中間層、30年に全世帯の49%に

地場ベトドラゴン証券(VDSC)によると、ベトナムでは中間層が拡大し、2030年には全世帯の49%が中間層になる見込みだという。1世帯あたりの年間可処分所得は、5,000~1万5,000米ドル(約54万~163万円)になり、18年と比べ33.8%増加すると予測される。VOVニュースが16日伝えた。

VDSCは、ベトナムの実質国内総生産(GDP)が18年から30年に91.4%成長するとして、消費支出が急増すると指摘している。さらに、中間層が拡大を続け、30年には世帯の49%が中間層になると見込んでいる。

ベトナムでは、飲料や化粧品、家具製造メーカーなどが、拡大する中間層を取り込む戦略を展開している。また、富裕層も今後増加するとみられ、12年には260万人だった富裕層が20年には1,000万人に達すると推定されている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

企業庁と地場VC、HCM市と企業支援で提携(07/19)

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

トヨタ、MPV「アバンザ」新型を発売(07/19)

自動車とバイク登録料、算定基礎価格が改定(07/19)

ビントゥアンの国際港、外国貨物船が初寄港(07/19)

ゴジェック運転手がデモ、報酬基準変更で(07/19)

タイ、ベトナムの車輸入規制をWTOで提議(07/19)

首相、有料道路へのETC設置強化を要請(07/19)

コージー株、HNXからHOSEに移行(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン