Bグリム、越2カ所の太陽光発電所稼働

ドイツ系財閥Bグリム傘下のタイの発電会社Bグリム・パワーは17日、ベトナムの2カ所で建設を進めていた太陽光発電所が商業運転を開始したと発表した。それぞれベトナムの太陽光発電の固定買い取り制度(FIT)に基づき、国営ベトナム電力グループ(EVN)と20年間の電力供給…

関連国・地域: タイベトナム
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(20:56)

テイクオフ:枕草子に倣えば、「すさ…(02/24)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

憲法裁、新未来党に解党命令 政治活動禁止も、融資を違法認定(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

既成・新興勢力、攻め合い第2段階に=赤木氏(02/24)

タイエアアジアX、3月に韓国便を運休(02/24)

タイ航空が3月の運休拡大、日本便も対象に(02/24)

空港鉄道、24~25日に共通乗車券を再試験(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン