• 印刷する

シャオミ下請けホリテック、印北部に工場

中国のスマートフォン大手シャオミ(小米科技)のサプライヤーである中国の電子部品大手、ホリテック(合力泰科技)は16日、インド北部ウッタルプラデシュ州グレーターノイダで同国初の生産拠点を整備していると明らかにした。

ホリテックは当初、南部アンドラプラデシュ州ティルパティに工場を設ける予定だったが、事業計画に変更が生じた。同社関係者はNNAの取材に対して、「ティルパティの計画は、現在は棚上げの状態。インドでの生産はひとまず、全面的にグレーターノイダの拠点で担う方向で進めている」とコメントした。

PTI通信によると、グレーターノイダの拠点は7~9月の稼働を見込んでいる。面積は2万5,000平方メートル余りで、生産品目は◇カメラモジュール◇タッチパネル◇TFT(薄膜トランジスタ)◇FPC(フレキシブルプリント基板)◇指紋認証モジュール――の5品目。量産開始後は、年間3億個のスマホ部品の生産を目指す。従業員数は、3年以内に6,000人規模とする。

ホリテックは今後3年で、インドに2億米ドル(約217億円)を投資する計画という。自社のサプライヤーのインド誘致にも積極的で、16日には15社をウッタルプラデシュ州に招き、同州政府と共同で投資サミットを開催したもようだ。


関連国・地域: 中国インド
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

輸出額1兆リンギ、パーム油など伸び達成へ(18:46)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:バラナシで心に残ってい…(07/23)

JCBがデビットカード発行 8行で、海外決済の需要増に期待(07/23)

輸出拡大へ、工業連盟が有望な31品目を特定(07/23)

インフラ事業345件、3.3兆ルピーの費用超過(07/23)

印の特恵関税除外、米企業の税負担3億ドル(07/23)

米専門職ビザ、約7割をインド人が取得(07/23)

国営通信BSNL、7400億ルピーの再建案(07/23)

ティックトック、国内にデータセンター新設へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン