建設チップエンセン、中国の不動産開発に投資

シンガポールの建設会社チップ・エン・センは、中国・江蘇省太倉市の不動産開発事業に1億5,300万人民元(約24億円)を投資する。投資金は内部資金で賄う。 チップ・エン・センが14日に発表した声明によると、完全子会社CELデベロップメントを通じ、スワトウ・ハイイー・インベ…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

新たなユニコーン企業が誕生 画像解析トラックス、米上場視野(20:54)

地場QRコード決済、日本で利用可能に(15:36)

既存企業と新興企業の提携、政府が支援(15:01)

テイクオフ:スマートフォン向けゲー…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

豪で世界最大の太陽光発電所 新興サン、東南アへの供給視野(07/23)

大阪ガスが地場AGPに出資、LNG事業強化(07/23)

保険大手GEH、法人顧客にオンライン診療(07/23)

科技庁とSTエンジ、スマート技術開発(07/23)

科技庁と地場コンサル、スマート都市で提携(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン