太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う

【共同】太陽光パネルを生産するシャープやパナソニック、京セラといった電機メーカーが海外に活路を求めて販売を強化している。価格の安い海外勢に競り負け国内市場でシェアを落とす中、経済発展が進むアジアの新興国などで生まれる新たな電力需要を取り込むのが狙いだ。 シャープ…

関連国・地域: タイミャンマーマレーシアフィリピンインド日本モンゴル
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

結核予防会、首都に健康診断センター開設(01/20)

【書籍ランキング】1月2日~1月8日(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

有望市場に交差する期待と不安 ジェトロ、高齢者産業ミッション(01/20)

19年の訪日韓国人26%減 日韓対立で五輪イヤーに不安も(01/20)

中国、人口14億人突破(01/20)

日本工業団地で入居進む 1年で9社、南部で整備活発(01/20)

ホンダ、19年の二輪市場でシェア79%(01/20)

19年訪日香港人、過去最高に 抗議デモで失速も年後半に回復(01/20)

トヨタ、EV・PHV生産計画で政府認可(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン