太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う

【共同】太陽光パネルを生産するシャープやパナソニック、京セラといった電機メーカーが海外に活路を求めて販売を強化している。価格の安い海外勢に競り負け国内市場でシェアを落とす中、経済発展が進むアジアの新興国などで生まれる新たな電力需要を取り込むのが狙いだ。 シャープ…

関連国・地域: タイミャンマーマレーシアフィリピンインド日本モンゴル
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

グローリー、地場キャッシュアウト会社に出資(07/19)

ポーラ化成工業、皮膚科学研究所と共同研究(07/19)

日本の新興医療が商機探る 印との協業目指し、南部でイベント(07/19)

日本政府、道路補修資機材の供与で資金協力(07/19)

テイクオフ:2本のビール瓶の王冠を…(07/19)

不買運動参加率54.6%、先週から6.6P上昇(07/19)

自動車展:4トップ、電動車など新技術紹介(07/19)

訪日旅行喚起へ航空会社と提携、政府観光局(07/19)

【アジア三面記事】高層集合住宅のハードな暮らし(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン