B30の使用義務化で軽油輸入を大幅削減へ

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、2020年からあらゆるディーゼル車両や船舶に対し、軽油にバイオディーゼルを30%混合した「B30」の使用を義務化する計画で、軽油の輸入量を年間800万~900万キロリットル削減できると予測している。14日付地元各紙が伝えた。 エネ鉱省研…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアに来るとや…(07/18)

エクスパンダーを20カ国に 三菱自が輸出拡大、越での生産も(07/18)

東南アの訪日者、6月は横ばいの27万人(07/18)

ホンダ四輪、1~6月販売は5.9万台(07/18)

自動車販売の停滞で建築用ガラスに生産移行(07/18)

ビザがゴジェックに出資、域内事業で提携(07/18)

好きな電子決済アプリ、58%のOVOが首位(07/18)

インドネシア、デジタル技術の活用で先導(07/18)

産業用プラスチック輸入、5年で半減の目標(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン