豪電力価格、2年以内に30%引下げ=金融相

オーストラリア連邦政府のコーマン金融相は、電力価格を2年以内に最大30%引き下げる方針を明らかにした。連邦上院議会の少数党議員が電力・ガス価格の安定を図るエネルギー政策が確定すれば、1,580億豪ドル(約11兆8,500億円)規模の所得税減税に合意すると注文を付けており、テ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

連邦と州政府、建設業界の規制厳格化で合意(17:47)

大手の法人税減税、経済成長と賃金上昇も(17:47)

シドニートンネル計画、銀行融資意思確認へ(17:47)

テイクオフ:仕事終わりに、日本料理…(07/18)

テイクオフ:シドニー郊外のある洞穴…(07/18)

帝人、豪企と低速EV開発へ 環境・交通問題の解決狙う(07/18)

保険IAG、ネット自動車リース企業に出資(07/18)

ウールワース、ビッグWの閉鎖を加速(07/18)

豪服飾企、中国新疆の強制労働との関連否定(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン