• 印刷する

テイクオフ:「今年は去年より暑い気…

「今年は去年より暑い気がしますね」。あいさつ代わりのそんな会話を裏付けるように、デリーでは先日、6月の過去最高気温となる48度を観測した。一歩外に出ると熱波に見舞われるため、室内で過ごす時間が極端に増えた。

外出が制限される中、フードデリバリーが不可欠な存在になっている。住所や決済方法などを一度登録すれば、メニューを選んで注文ボタンを押すだけ。早ければ30分ほどで商品が到着する。

便利なサービスの恩恵にあずかる一方で、炎天下にバイクを走らせ、食事を届けてくれるスタッフには感謝しかない。何度かチップを手渡そうと試みたが、即座にその場を離れる人が多く、受け取りを拒否するケースも。彼らのためにできることといえば、注文回数を増やして活躍の場を広げることくらいだろうか。そんなことを考えながら、携帯アプリでメニューを閲覧する毎日が続いている。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

THヘビー、インド沖のオフショア建設受注(06/14)

個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む(06/14)

台湾二輪キムコが工場、ビワディで年20万台(06/14)

QLD州アダニ炭鉱開発が承認 最後の環境認可突破、計画実行へ(06/14)

ミシュラン、印でトラック向けタイヤリース(06/14)

タタ自、5月の世界販売は23%減の8.2万台(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

独シーメンス、国鉄に駆動システムを供給(06/14)

配電BRPL、首都南部にEV充電施設(06/14)

低品質の鉄鋼輸入、政府が抑止策を強化(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン