• 印刷する

テイクオフ:「今年は去年より暑い気…

「今年は去年より暑い気がしますね」。あいさつ代わりのそんな会話を裏付けるように、デリーでは先日、6月の過去最高気温となる48度を観測した。一歩外に出ると熱波に見舞われるため、室内で過ごす時間が極端に増えた。

外出が制限される中、フードデリバリーが不可欠な存在になっている。住所や決済方法などを一度登録すれば、メニューを選んで注文ボタンを押すだけ。早ければ30分ほどで商品が到着する。

便利なサービスの恩恵にあずかる一方で、炎天下にバイクを走らせ、食事を届けてくれるスタッフには感謝しかない。何度かチップを手渡そうと試みたが、即座にその場を離れる人が多く、受け取りを拒否するケースも。彼らのためにできることといえば、注文回数を増やして活躍の場を広げることくらいだろうか。そんなことを考えながら、携帯アプリでメニューを閲覧する毎日が続いている。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:注文して当日や翌日にオ…(11/13)

10月車販売は5%減の35万台 12カ月連続減、乗用車はプラス転換(11/13)

10月の二輪販売14%減、11カ月連続マイナス(11/13)

愛三工業、西部にBS6対応の新工場を開所(11/13)

中国長城汽車、インド法人をグルガオンに設立(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

EVタクシーのリチウム、ウィプロと提携(11/13)

タタの「ネクソン」EV版、来月16日に公開(11/13)

製薬ルピン、共和薬品を日本企業に売却(11/13)

CNGターミナル、西部港に設置へ(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン