• 印刷する

テイクオフ:「今年は去年より暑い気…

「今年は去年より暑い気がしますね」。あいさつ代わりのそんな会話を裏付けるように、デリーでは先日、6月の過去最高気温となる48度を観測した。一歩外に出ると熱波に見舞われるため、室内で過ごす時間が極端に増えた。

外出が制限される中、フードデリバリーが不可欠な存在になっている。住所や決済方法などを一度登録すれば、メニューを選んで注文ボタンを押すだけ。早ければ30分ほどで商品が到着する。

便利なサービスの恩恵にあずかる一方で、炎天下にバイクを走らせ、食事を届けてくれるスタッフには感謝しかない。何度かチップを手渡そうと試みたが、即座にその場を離れる人が多く、受け取りを拒否するケースも。彼らのためにできることといえば、注文回数を増やして活躍の場を広げることくらいだろうか。そんなことを考えながら、携帯アプリでメニューを閲覧する毎日が続いている。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1.7兆ルピーの支援策 貧困層に食料、新型コロナ対策(03/27)

緯創が世界分散生産へ、10億米ドル投資(03/27)

国際線の運航停止、4月14日まで延長(03/27)

新型コロナ専用病院、17州で選定へ(03/27)

公営銀行各行、緊急融資枠の提供を発表(03/27)

新たに52人感染、計683人(26日)(03/27)

再建中のイエス銀、1千億ルピー調達の公算(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン