• 印刷する

黒糖タピオカ珍煮丹、日本1号店出店

台湾域内で42店舗を展開する黒糖タピオカミルク専門店「珍煮丹(ジェンジュダン)」の日本1号店が14日、東京都渋谷区にオープンする。台湾産の黒糖など、自然素材にこだわった商品が売り。日本各地への展開も視野に入れているという。

渋谷駅そばの商業施設「MAGNET by SHIBUYA109」の7階・フードコート内に出店し、営業時間は午前11時から午後11時まで。看板メニューの「黒糖タピオカミルク」(Mサイズ:650円)をはじめ、北海道産クリームチーズと泡立てた牛乳を使った「ミルクフォーム 黒糖オレオ タピオカミルク」(Mサイズのみ:750円)、マンゴーに牛乳を加えた夏季限定の「マンゴースムージー」(Mサイズのみ:650円)など全23種類を発売する。

運営は、日本で珍煮丹展開のために2018年12月に設立した宏勝商事(東京都豊島区)が行う。同社の林宥宏・代表取締役は、日本出店の経緯についてNNAに対し、「日本でのタピオカブームを見て、台湾で一番美味しいブランドを持ってきたいと考えた。まずは東京から始めるが、今後は日本各地に展開したい」と述べた。

珍煮丹は2010年に台北市士林区の「士林観光夜市」で1号店をオープン。独自の黒糖工場で生産した無添加黒糖を使ったタピオカミルクで人気を集め、店舗数を拡大した。現時点では台湾のほか、中国や韓国など海外6カ国・地域で計14店舗を展開している。

珍煮丹の黒糖タピオカミルク(宏勝商事提供)

珍煮丹の黒糖タピオカミルク(宏勝商事提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

蔡総統、再任へ第一関門突破 民進党予備選、頼氏の夢敗れる(06/14)

個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む(06/14)

中台連合傘下へ追加策、再建は正念場(06/14)

台湾二輪キムコが工場、ビワディで年20万台(06/14)

グーグルが「中国離れ」、台湾などに生産移設か(06/14)

可成、台湾と東南アジアで拠点拡大へ(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

ラーガン、スマホ新機種増で生産ライン満載(06/14)

和大董事長、19年売上高は「8~10%減少」(06/14)

南亜、米中対立で5G向けPCBなど需要拡大(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン