• 印刷する

サイアム商銀合弁、資産管理サービス開始

タイの富裕層を対象とした資産管理サービスの提供開始を発表したSCBジュリアス・ベアのチララワンCEO(中央)=12日、バンコク(NNA撮影)

タイの富裕層を対象とした資産管理サービスの提供開始を発表したSCBジュリアス・ベアのチララワンCEO(中央)=12日、バンコク(NNA撮影)

タイのサイアム商業銀行(SCB)とスイスのプライベートバンキング大手ジュリアス・ベアの合弁会社SCBジュリアス・ベアは12日、タイの富裕層を対象とした資産管理サービスの提供を開始すると発表した。

1億バーツ(約3億4,700万円)の資産を有していることがサービスを受ける条件となる。チララワン最高経営責任者(CEO)は、「タイの富裕層向けの市場は過去数年間にわたり成長し続けている。今後も継続的な成長が見込まれ、大きな商機となる可能性を秘めている」との期待を示した。

同社は併せてタイの富裕層に関する報告書「ウェルス・リポート・タイランド2019」を発表した。国内の富裕層351人を対象に実施した調査によると、2018年の総資産額は3,411億米ドル(約36兆9,500億円)で、名目国内総生産(GDP)の67.6%を占めた。15~20年における富裕層の総資産額の年平均成長率(CAGR)は9.9%とされ、20年には4,012億米ドルまで拡大し、名目GDPの71%を占めると見込まれている。

調査対象者のうち「資産管理に関心がある」との回答は56%に上り、「資産管理をせずに保持したい」(41%)との回答を上回った。

SCBジュリアス・ベアは、今年4月に設立された。資本金は18億バーツで、SCBが60%、ジュリアス・ベアが40%出資する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの南部トラン県での…(01/30)

リネット、日系フレアと車体広告展開へ(01/30)

肺炎拡大で観光戦略を見直し 収入11兆円達成へ、東南ア強化も(01/30)

オレンジライン西部区間の建設、閣議で承認(01/30)

不動産スパライ、新規30事業に700億円(01/30)

タイCP、カンボジアでコーヒー生産検討(01/30)

EGCO、ラオスの水力発電への出資撤回へ(01/30)

アサヒ、タイ企業とのカルピス合弁解消(01/30)

SCGの19年決算は28%減益、3年連続縮小(01/30)

サスコ、20年は石油製品販売8%増目指す(01/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン