• 印刷する

富士フイルム、チェキで最小の新モデル発表

富士フイルムは12日、インスタントカメラ「instax(インスタックス)チェキ」シリーズで最小・最軽量となる新モデル「インスタックス・ミニ・リプレイ(LiPlay)」を発表した。カードサイズのフィルムに対応、音声を録音できるサウンド機能を新しく搭載した。インドネシアでは14日に、日本では21日にそれぞれ販売を開始する。

インドネシアでの販売価格は244万9,000ルピア(約1万8,600円)。カラーは3色。電子商取引(EC)サイト運営大手トコペディアを通じて購入した場合、先着でフィルムなど付属品も提供、28日までは50万ルピアのキャッシュバックも実施する。

インスタックス・ミニ・リプレイは、最大10秒間の音声を録音できる「サウンド機能」を搭載し、再生に必要な情報をQRコード化して、撮影した画像と一緒にプリントすることができる。QRコードはスマホのQRコードリーダーで読み取り再生する。画像と録音データは、専用のサーバーにアップロードされ、1年間保存される。

インスタックスシリーズは1998年発売。欧米や中国、東南アジアなど100カ国・地域以上で販売されており、累計出荷台数は4,500万台に上っている。インドネシアでは2012年に発売された。

富士フイルムが発表したインスタントカメラ「インスタックス・ミニ・リプレイ」。インドネシアでは14日に発売する=12日、ジャカルタ(NNA撮影)

富士フイルムが発表したインスタントカメラ「インスタックス・ミニ・リプレイ」。インドネシアでは14日に発売する=12日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「この先ビューポイント…(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

【この人に聞く】アズビル、提案力と人材強化 事前察知のソリューション提案へ(02/17)

スズキ四輪、新型SUV「XL7」を発表(02/17)

日野自動車、現地販社の新社長に内田氏(02/17)

ダイハツ、1月の小売り台数は10.4%減(02/17)

財務省が自動車炭素税を検討、業界は反発(02/17)

日本政府、漁業と防災分野で資金供与(02/17)

パティンバン港連絡橋、国営建設2社が受注(02/17)

MRT第2期工事、全駅で公共バスと接続(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン