• 印刷する

《日系進出》ロート製薬のアイス店、海外初

ロート製薬はアイスキャンディー専門店「パレタス」の海外1号店をシンガポールにオープンする(イメージ図、同社提供)

ロート製薬はアイスキャンディー専門店「パレタス」の海外1号店をシンガポールにオープンする(イメージ図、同社提供)

ロート製薬は12日、子会社のジャパンパレタス(神奈川県鎌倉市)がシンガポールの中心部にアイスキャンディー専門店「パレタス」の海外1号店を出店すると発表した。今月13日にオープンする。

パレタスの新店舗は、中央商業地区(CBD)にある複合施設キャピタル・スクエア内の1階に新設される日本食をテーマにしたフードコート「GOCHI」に設置する。店舗面積は約13平方メートルだ。

パレタスは、季節ごとに収穫される旬の新鮮な果物や野菜を果汁、ジェラート、ヨーグルトなどに混ぜ合わせたフローズンフルーツバー。本店の鎌倉店を含め、日本では関東を中心に3店舗を展開している。

メニューは日本の店舗と同じで、季節限定商品を含め20~30種類をそろえる。価格帯は7Sドル(約560円)前後。シンガポール店限定商品「シンガポール・スリング」も提供する。販売目標などは明らかにしていない。

年間平均気温が28~32度と高いシンガポールでは冷たいデザートの需要が多いため、パレタスのおいしさを1年中楽しんでもらえると見込み、出店を決めた。

ロート製薬の広報担当者はNNAに対し、「シンガポールは(パレタスの)ニーズが合致する有望市場として、進出先の候補に挙がっていた。その中で(GOCHIという)有力な場所から誘いがあったことが出店のきっかけとなった」と説明した。

同担当者はまた、「シンガポールはアジアのハブとして世界中から人や情報が集まる場所のため、パレタスを通じて同国から日本の食や健康に関する考え方を発信したい」と意気込みを語った。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 医療・医薬品サービス

その他記事

すべての文頭を開く

EC潜在力ランク3位、アジアでは首位(19:05)

MRT新路線2駅の建設、中国企業が受注(18:53)

今年のM&A活発、大型案件は減少(18:53)

テイクオフ:シンガポールでは、都市…(12/09)

次世代産業創出や経済変革狙う 政府、先端製造業の振興注力で(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

情報漏えいで罰金、買い物オネストビーなど(12/09)

中小企業支援計画の第2弾、18社が参加(12/09)

インサー、地場社とECで提携(12/09)

宝飾販売SKが合成ダイヤ参入、需要拡大で(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン