• 印刷する

テイクオフ:札幌の実家にエアコンが…

札幌の実家にエアコンが来た。いまだに小学校時代の友人と「あの子の家にはクーラーがあった」という話が飛び出すほど、故郷ではぜいたく品だ。家庭での普及率は2~3割だろうか。幼少期はさらに少なかったと思う。

南国住まいとして実家での年間稼働日数を10日未満と見込んでいたが、5月末に北海道で猛暑日を記録したというニュースが伝えられた。老父母が暮らすことを加味すると、あながち間違った判断ではなかったよう。

当のエアコンは、マレーシアで組み立てられたであろう日本ブランド。日系企業も多く携わり、スランゴール州の工場を出た後、クラン港や量販店を経て実家にたどり着いた足跡を想像すると、観光以外に当地との結びつきを感じて嬉しくなった。ただ、利用者はエアコン初心者。常夏から届いた冷風で身体を冷やさぬよう、しっかり忠告しておこう。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バーコードは左から最初…(07/18)

プロドゥア、今年目標引き上げ 上半期好調で23.5万台販売へ(07/18)

東南アの訪日者、6月は横ばいの27万人(07/18)

ソニー、大型テレビ市場で国内首位目指す(07/18)

GSIクレオス、プラ再生事業に参入(07/18)

日本ビジネス能力試験、個人講座も開講へ(07/18)

RM=26.3円、$=4.11RM(17日)(07/18)

プロトン、サバ州で3Sセンター開業(07/18)

自動車の製造区分、今月からSKDを廃止(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン