個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む

台湾のパソコン(PC)世界大手、ASUS(華碩電脳、エイスース)がインドで奮闘している。注力するのは個人向けノートPCで、用途や価格を細分化して約100モデルを展開。「コストパフォーマンス」と「手頃さ」を重視し、1万6,000ルピー(約2万5,000円)から製品をラインアッ…

関連国・地域: 中国台湾インド
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冷戦時代、日本と欧州の…(07/17)

上期の住宅販売は22%増 回復基調続く、供給の6割が低価格(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

電動二輪ヒーロー、南部で工場設置を計画(07/17)

印企業の景況感、6月は過去最低水準に低下(07/17)

6月の卸売物価は2%上昇、2カ月減速(07/17)

貿易赤字、6月は152.8億ドルに低下(07/17)

インド企業、気候変動のリスクを懸念(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン