• 印刷する

憲法裁、大統領選不服申し立て訴訟を公開

大統領選結果の不服申し立て訴訟を公開すると発表したアンワル裁判長(アンタラ通信)

大統領選結果の不服申し立て訴訟を公開すると発表したアンワル裁判長(アンタラ通信)

インドネシア憲法裁判所のアンワル・ウスマン裁判長は10日、大統領選で敗れたプラボウォ陣営が起こした選挙結果の不服申し立て訴訟を公開すると発表した。審理は14日に始まる。テンポ(電子版)が11日伝えた。

アンワル裁判長は「公開によって市民が双方の議論を聞くことができる。われわれは中立的立場をとる。立証のための十分な時間を確保する」と述べた。

プラボウォ陣営は中央選挙管理委員会(KPU)が先月21日に発表した開票結果を不服とし、24日夜、憲法裁に提訴した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

DBS銀、ゴジェックとモバイル決済で提携(01:40)

ハラル認証の取得義務、5~7年間の猶予(06/14)

B30の使用義務化で軽油輸入を大幅削減へ(06/14)

5月の公式原油価格が低下、貿易戦争の影響(06/15)

製錬所建設、25%の進捗指示 年内未達なら鉱物の輸出禁止も(06/14)

研究開発や職業訓練に大幅減税、月内公布(06/14)

エネ鉱省、B30の公道試験走行を実施(06/14)

コモド島、21年から1年間閉鎖=州知事(06/14)

新法施行前にハラル工業団地の開発促進(06/14)

インドネシアの都市開発に5千万ドル融資(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン