消費者の不良債権悪化に警戒 1Q9%増、車融資の引き締めも

タイの2019年第1四半期(1~3月)における消費者ローンの不良債権が、前年同期比9%上昇し、16年第1四半期以来の高水準に達している。政策提言機関である国家経済社会開発委員会(NESDC)は「注意深く監視する必要がある」とし、自動車ローンの引き締めを含めた対応を促…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外で亡命生活を送るカ…(11/13)

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

マツダ、SUV「CX―8」を投入(11/13)

エネ統制委、来年4月まで電気料金据え置き(11/13)

共有オフィスIWG、フランチャイズ展開へ(11/13)

ゴールデンランド、新たな複合施設を開発へ(11/13)

SCGとマヒドン大、共同でポリマー開発(11/13)

在タイ大使館職員を告発、出稼ぎ認可で収賄(11/13)

PTTEP、5カ年投資計画を来月発表(11/13)

ホームプロ、中部配送センター強化に72億円(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン