• 印刷する

サイバーセキュリティー強化、首相が指示

ベトナムのグエン・スアン・フック首相がこのほど、サイバーセキュリティーの強化に関する首相指示14号(14/2019/CT―TTg)を公布した。9日付トイバオキンテー電子版が報じた。

これによると、国内ではネット上の個人情報、子供の権利を保護する法制度や、違反に対する処罰が不十分で、2018年から19年初めにかけて、持続的標的型攻撃(APT)や、国家機密情報の盗み出しによる深刻な被害が発生した。

このため、国連の国際電気通信連合(ITU)が3月に公表した「グローバル・サイバーセキュリティー・インデックス(GCI)」のランキングでは、ベトナムは世界194カ国・地域中50位、東南アジアでは11カ国・地域中5位にとどまったという。

フック首相は関係機関に対して、年間または5カ年のIT予算やIT案件ごとの予算の少なくとも10%をサイバーセキュリティーに充てるよう指示した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/28)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

豚肉供給不足、ベトナムの豚コレラが影響(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン