• 印刷する

世銀、19年成長率見通しを3.5%に下方修正

世界銀行は4日に発表した最新の世界経済見通し(GEP)で、2019年のタイの国内総生産(GDP)成長率を3.5%と予測した。1月時点から0.3ポイント引き下げた。20年以降の予測も下方修正した。

世銀はタイ経済の見通しについて、金融緩和策で国内需要は堅調なものの、輸出成長の軟化が重しになると予測した。一方、20~21年は政府の大規模なインフラ事業が実行され、経済にプラスに作用するとの見方を示した。ただ20年のGDP成長率は1月時点から0.3ポイント下落の3.6%、21年は同0.2ポイント下落の3.7%と予測した。

世銀は、東南アジア諸国連合(ASEAN)ではインドネシアの19~21年のGDP成長率予測を1月時点から据え置き、19年は5.2%と予測した。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年は弊社の創業30周…(09/17)

【循環型経済】世界2位のポリ乳酸工場稼働 バイオプラ需要増、欧州大手合弁(09/17)

新車販売満足度、トヨタが2年連続で首位(09/17)

コッコン州の石炭火力、電力購入者を模索(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

ボルボ、南部ハジャイにショールーム開設(09/17)

車部品イングレス、インドネシアで生産受注(09/17)

卜蜂が飲食業参入、台中にフライドチキン店(09/17)

マレー国境の通関24時間体制、9カ月延長へ(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン