• 印刷する

日系人材企業、特定技能データベースを開設

ベトナムで人材プラットフォーム事業を手掛ける日系企業クロス・ボーダー・モビリティー(CBM)アジアは4日、新在留資格の「特定技能」に特化した外国人材データベースと人材紹介サービスの「MAsia Biz」を開設した。

MAsia Bizは、特定技能資格を持つベトナム人を採用したい企業と、日本で働きたいベトナム人をマッチングするサービス。ベトナム在住のベトナム人で日本語能力試験(JLPT)N4以上の保有者または技能実習修了者に限定したデータベースを共有し、求人掲載サービスを提供する。企業や人材紹介会社、登録支援機関など、異なる立場に対応しており、面接の調整・準備や求職者の書類準備など、総合的にサポートする「人材紹介サービス」も受けられる。

同社はハノイに拠点を置き、今年2月に設立した。同サービスのほか、技能実習や特定技能に関する口コミ・ポータルサイトの日本語版「MAsia Web」を運営している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

豚肉供給不足、ベトナムの豚コレラが影響(01/27)

ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

屋外広告マスター、ベトナム同業に25%出資(01/24)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

デュシタニ、越のケータリング会社を買収へ(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン