• 印刷する

ガーラ、韓国社とクラウドサービスで提携

オンラインゲームサービスを手掛けるガーラ(東京都渋谷区)は5月31日、韓国のクラウドサービス業者であるメガゾーン・クラウドと業務提携を結んだと発表した。同社が手掛けるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の日本進出に向けて協力する。

ガーラはゲーム関連会社のネットワークを生かして、メガゾーン・クラウドのAWSの日本における事業展開を支援する。営業活動のほか、IT企業向けの広告戦略、広告代理店などとマーケティング活動などを企画・立案する計画。さらにAWSの日本語対応化に備えた専門人材の確保なども行っていく。

メガゾーン・クラウドは、韓国のデジタルIT企業メガゾーンがAWSの海外展開に向けて2017年に設立した企業。メガゾーングループが全額出資する米国法人を通じて設立した日本法人を中心に、日本におけるAWSサービスの準備を進めている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

起亜自、新興国では内燃機関車に軸足(01/27)

シャープ有機ELテレビ、LGのパネル採用(01/27)

2年連続の貿易赤字、米中摩擦で輸出低迷(01/24)

サムスン冷蔵庫事業、成長率目標は20%(01/24)

テイクオフ:独特のにおいで苦手な人…(01/23)

19年GDP成長率は2.0% 投資全般が不振、息切れ感強まる(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン