• 印刷する

インドネとのEEZ境界画定へ、上院

外交委の委員長を務めるレガルダ上院議員(フィリピン上院提供)

外交委の委員長を務めるレガルダ上院議員(フィリピン上院提供)

フィリピンの上院は29日、隣国インドネシアと重複している排他的経済水域(EEZ)について、境界線の画定に関する協定の決議案が第2読会を通過したと発表した。国際法に基づき両国の合意で進める意向という。

上院外交委員会のレガルダ委員長が承認を求めた、「フィリピンとインドネシア政府間のEEZ境界画定に関する協定」を可決した。両国は国連海洋法条約を批准しており、レガルダ氏は、同条約第74条に従い「重複する境界線の画定と分割は、国際法に基づき合意により行うべき」と述べた。

両国のEEZは、ミンダナオ海、セレベス海、フィリピン海(太平洋の付属海)で重複している。国連海洋法条約が採択された1982年以降、条約に従い、重複する水域について二国間の交渉が進められてきた。

レガルダ氏によれば、法務省、農業省、環境天然資源省、運輸省、国防省、農業省水産資源局(BFAR)の同意も得ている。


関連国・地域: インドネシアフィリピン
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジョンソン英首相の発言…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

マニラ近隣州で制限緩和 外資工場集積、需要回復見通せず(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

コロナ緊急支援に借款500億円、日本政府(07/02)

コロナ感染新たに999人、累計3万8511人(07/02)

教育格差拡大の恐れ、対面授業は当面先送りも(07/02)

バス専用路線の暫定運用開始、運輸省(07/02)

高速道運営NLEX、電子決済システム強化(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン