• 印刷する

《日系進出》きらぼし銀、コンサル会社設立へ

東京きらぼしフィナンシャルグループ(東京都新宿区)は29日、きらぼし銀行がベトナムのホーチミン市にコンサルティング会社を設立すると発表した。10月にも開業予定で、資本金は25万米ドル(約2,735万円)。

社名は「キラボシ・ビジネス・コンサルティング・ベトナム」(仮)で、認可を申請済み。1区レロイ通りのオフィスビル、サイゴン・センターに入居する予定という。

同行は中国の上海にもコンサルティング会社を立ち上げており、中国からの生産移管「チャイナプラスワン」のトレンドの中で顧客企業を支援することを重点に置き、ホーチミン市での現地法人設立に踏み切った。ベトナムでは法人の設立や会社運営、投資に関するコンサルティングや、情報提供などを手掛ける。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/28)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

豚肉供給不足、ベトナムの豚コレラが影響(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン