• 印刷する

《日系進出》大和物流、HCM市に駐在員事務所

大和ハウスグループの大和物流(大阪市)は29日、ベトナムのホーチミン市に駐在員事務所を開設した。

駐在員事務所は、1区トンドゥクタン通りのオフィスビル、サイゴン・トレード・センターの31階に入居する。廣田和也氏が所長を務め、市場や物流事情に関する調査を手掛ける。今後は、中核事業である建築建材や電気設備などの分野で取引のある国内企業をメインターゲットとし、東南アジア諸国連合(ASEAN)で物流事業への参入を図るとともに、新領域の物流への挑戦も視野に入れ、早期の現地法人化を目指す。

ベトナムでは日系企業の進出加速に伴い、物流のニーズも複雑化し、効率的な物流システムの構築や専門的なサービスの提供が求められると見込まれている。同社はこうしたニーズに対応し、取引先のサービス拡充にもつなげていくため、駐在員事務所を開設した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

豚肉供給不足、ベトナムの豚コレラが影響(01/27)

ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

屋外広告マスター、ベトナム同業に25%出資(01/24)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

デュシタニ、越のケータリング会社を買収へ(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン