• 印刷する

《日系進出》大和物流、HCM市に駐在員事務所

大和ハウスグループの大和物流(大阪市)は29日、ベトナムのホーチミン市に駐在員事務所を開設した。

駐在員事務所は、1区トンドゥクタン通りのオフィスビル、サイゴン・トレード・センターの31階に入居する。廣田和也氏が所長を務め、市場や物流事情に関する調査を手掛ける。今後は、中核事業である建築建材や電気設備などの分野で取引のある国内企業をメインターゲットとし、東南アジア諸国連合(ASEAN)で物流事業への参入を図るとともに、新領域の物流への挑戦も視野に入れ、早期の現地法人化を目指す。

ベトナムでは日系企業の進出加速に伴い、物流のニーズも複雑化し、効率的な物流システムの構築や専門的なサービスの提供が求められると見込まれている。同社はこうしたニーズに対応し、取引先のサービス拡充にもつなげていくため、駐在員事務所を開設した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

知的財産権法、改正案が公開 CPTPPとの整合性高める狙い(06/17)

ビンファスト、「ファディル」引き渡し開始(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

トヨタ、5月の販売は33%増の6321台(06/17)

ベトナムの完成車輸入、1~5月は6.5万台(06/17)

石油価格安定基金、3月末に赤字転落(06/17)

建材価格の上昇が顕著、電気料金値上がりで(06/17)

米パシフィコ、ムイネーの太陽光発電所稼働(06/17)

ヒエップフオック火発、ガス燃料に改造中(06/17)

英風力大手、事業化に向けライセンス取得(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン