• 印刷する

コニカミノルタ、シェア15%確保目指す

コニカミノルタのタイ現地法人であるコニカミノルタ・ビジネス・ソリューションズ(タイランド)は、タイのカラー複合機市場でのシェアを早期に15%に引き上げ、業界3位の位置を確保する方針だ。政府機関や企業のオフィスなどへのリース販売を拡大するため、営業拠点を拡大していくという。

現地法人のマーケティング部門マネジャーであるスティダー氏はNNAなどの取材に対し、同社の複合機市場全体でのシェアが現状では業界4位(2018年のシェアは11%)にとどまっていることを認めたうえで、「早期に15%に引き上げたい」との目標を示した。

同社はその切り札として28日、カラー複合機の最新機種「bizhub(ビズハブ)i―シリーズ」を6月からタイ市場に投入すると発表した。サイバー攻撃などからデータを保護する安全性を高めると同時に、10.1インチのパネルで操作性を向上させ、作業効率のアップを目指した機種だという。価格帯は17万~27万バーツ(約58万3,000~92万6,000円)。スティダー氏は同シリーズについて、年間800台の販売目標を掲げた。

同社は18年度に約9億バーツだった売上高を今年は10億バーツに引き上げることを目指している。同氏によると、18年のタイでのコピー機の販売台数は約3万2,000台で、前年の約3万5,000台から1割近く減少。パイの奪い合いが激しくなっている。

コニカミノルタがタイに投入するカラー複合機の新機種=28日、バンコク(NNA撮影)

コニカミノルタがタイに投入するカラー複合機の新機種=28日、バンコク(NNA撮影)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の物件購入、依然堅調 タイ不動産市場の最新展望(下)(10/18)

3空港の高速鉄道、民間の契約解除可能に(10/18)

ホンダ、タイ製「CB300R」を今月発売(10/18)

テトラパック、東部工場で太陽光発電開始(10/18)

ガソホール91の販売停止、協会がエネ相支持(10/18)

ラオス・タイの通信合弁、5Gを導入準備へ(10/18)

タイ住宅開発大手、ミャンマー進出を計画(10/18)

トゥルー、数カ月以内に5Gを試験的に開始(10/18)

華為がスマート機器発売、商品レンジ拡大へ(10/18)

違法ソフト使用、1~6月に200件超摘発(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン