ダブルドラゴン、屋上太陽光発電10万kWへ

フィリピンの不動産開発会社ダブルドラゴン・プロパティーズは、自社物件の屋上に設置する太陽光発電設備の総容量を、10万キロワット(kW)に拡大する計画だ。運営する物件の収益性を高める。 ダブルドラゴンは27日、同社が運営するマニラ首都圏パサイ市の商業施設「DD―メリ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あのー、この場所に行…(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

島津製、比を基板中核拠点に 工場拡張、高齢化など追い風(01/28)

新型肺炎の疑い11人、全て外国人=保健省(01/28)

マニラ空港の改修協議、不動産税が障害に(01/28)

Fジェン、ヌエバエシハで揚水水力発電計画(01/28)

ラグナ州の揚水発電事業、海外2社が関心(01/28)

石油5社、燃料物品税の徴収額引き上げ(01/28)

EU、比を知財権監視リストから初除外(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン