• 印刷する

SKイノベ成長戦略、EVバッテリーなど柱

エネルギー事業を手掛ける韓国のSKイノベーションは27日、環境に配慮した事業を中心とする新たな成長戦略を発表した。

SKグループによると、SKイノベーションの環境領域での社会価値(SV)はマイナス1兆4,000億ウォン(約1,300億円)に上る。同社は環境へのマイナス影響を縮小する一方、環境に配慮した事業モデルを開発してマイナスと相殺する「グリーンバランス」で成長をけん引する戦略だ。

まず、電気自動車(EV)用バッテリー事業の競争力を強化する。2025年の世界トップ3入りを目指し、次世代バッテリーの重要技術を早期に実用化し、自動車メーカーに供給したい考え。25年には受注残高を現在の430ギガワット時(GWh)から700GWh、年産規模を5GWhから100GWhに、それぞれ引き上げる計画だ。バッテリー関連の垂直統合も進め、EVメーカーなど多様な事業パートナーと協力する。

蓄電事業にも本腰を入れ、産業用と住居用それぞれの特性に合わせて効率的なシステムを提供する。

また、化学事業のうちパッケージング分野は、高付加価値製品のポートフォリオを合併・買収(M&A)などにより確保する。オートモーティブ事業は技術開発に集中し、EV普及と軽量化を主導する計画だ。25年には、技術力を生かした高付加価値製品群が利益に占める割合を19%と、現在の約5倍に引き上げる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(14:22)

テイクオフ:日本と同様に韓国も「四…(11/21)

仁川空港、拡張競争に参戦 「アジアのハブ」奪還へ大型投資(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

10月の訪日韓国人65.5%減、日韓対立が響く(11/21)

10月の生産者物価、4カ月連続で下落(11/21)

20年成長率、ムーディーズが2.1%と予測(11/21)

韓国のPM2.5、5割は国内要因で発生(11/21)

韓国ロッテ化、投資額を43億ドルに引き上げ(11/21)

SKT、5G活用のVR事業に本腰(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン