• 印刷する

陸運大手、9月までに自動運転バス商用化

25日からNUSで、自動運転シャトルバス「EZ10」の実証実験が行われる(コンフォートデルグロ提供)

25日からNUSで、自動運転シャトルバス「EZ10」の実証実験が行われる(コンフォートデルグロ提供)

シンガポールの陸運大手コンフォート・デルグロは23日、シンガポール国立大学(NUS)で25日から自動運転シャトルバス「EZ10」の実証実験を行うと発表した。今年9月までに乗客を乗せた商用サービスの試験運転の開始を目指す。

今回の実験では、1カ月半にわたりNUSのケントリッジ・キャンパス内の1.6キロメートルの区間を乗客を乗せずに走行する。主な目的はデータ収集で、時速5~16キロメートルの速さで運行する予定だ。

EZ10の乗客定員は12人。実証実験はNUSのほか、地場の自動車販売会社インチケープ・シンガポール、フランスの新興企業イージーマイルと共同で行う。インチケープが資金を拠出し、イージーマイルが車体を提供する。

コンフォート・デルグロはこれまで、傘下の公共交通運営大手SBSトランジットを通じ、南部セントーサ島と西部ジュロン島でそれぞれ自動運転車の実証実験に参画。データ収集や運営体制の構築などを支援してきた。今回は3件目の実証実験となる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

果物貿易金融に分散型台帳、資産運用会社(16:00)

賃貸用工業不動産、1~3月も軟調(15:57)

NZ航空と航空保守大手、機体検査にドローン(15:38)

出版大手と保険2社、請求に分散型台帳(15:03)

テイクオフ:家の洗面台で水漏れが起…(06/17)

30年に1兆円規模の経済効果 外国人メイド、介護需要拡大で(06/17)

DBS銀、ゴジェックとモバイル決済で提携(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

知財当局と英ロイズ、事業者保護の支援で合意(06/17)

金融サービスの協力深化へ、英国と合意(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン