• 印刷する

新年度から小学校の制服支給せず、予算不足

ミャンマー政府は、予算不足のため6月に始まる新年度から、公立小学校の児童に制服を支給しない方針だ。イレブン電子版が23日伝えた。

教育省基礎教育局のコ・レイ・ウィン次官が明らかにした。これまでは、制服1着の価格を1,400チャット(約100円)として入札を実施していた。同価格では縫製費用しかまかなえず、低品質なものしか製造できないため、入札の実施が難しいという。昨年に支給された制服も、標準品質を満たせず、サイズが間違っているものもみられる状態だった。

政府は新学期から、ノート6冊と教科書のみを提供する方針だ。中学校と高校の生徒に対しては、教科書が支給されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー発電所、売電契約の締結間近か(06/14)

保険市場成長に弾み期待 外資開放後、初のサミット(06/14)

テイクオフ:タイ出張中に訪れた西部…(06/14)

〔寄り道〕日本の中古車があふれる…(06/14)

投資環境改善へ業務標準化、6関連機関で(06/14)

外資もコメ輸出が可能に、商業省が規制緩和(06/14)

10~5月の農産品輸出額、11%増(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

マグウェー、ガソリン精製を企業に認可(06/14)

マグウェーの警察幹部ら、収賄容疑で告訴(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン