19~20年のCPO価格予想引き下げ

証券系シンクタンクのクナンガ・リサーチは、2019年から20年にかけてのパーム原油(CPO)価格予想を当初の1トン当たり2,200~2,400リンギ(約5万7,800~6万3,000円)から2,000~2,200リンギへと引き下げた。サン(電子版)が22日伝えた。 クナンガは引き下げの理由について…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

今年成長率マイナス0.1%、世銀が下方修正(15:55)

テイクオフ:インドネシア・バリ島に…(03/31)

景気刺激策、企業から不満噴出 給与肩代わりは条件や金額に批判(03/31)

RM1=24.8円、$1=4.34RM(30日)(03/31)

原産地証明の申請、活動制限令中でも可能に(03/31)

マレーシア企業、オクバウで送電線建設受注(03/31)

活動制限令中の操業許可、27日時点で2732社(03/31)

給与計算する社員の出社、31日か1日は許可(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン