19~20年のCPO価格予想引き下げ

証券系シンクタンクのクナンガ・リサーチは、2019年から20年にかけてのパーム原油(CPO)価格予想を当初の1トン当たり2,200~2,400リンギ(約5万7,800~6万3,000円)から2,000~2,200リンギへと引き下げた。サン(電子版)が22日伝えた。 クナンガは引き下げの理由について…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

バイオ燃料「B20」導入に向け委員会設立(06/14)

THヘビー、インド沖のオフショア建設受注(06/14)

教育基金のローン中止案、私大への影響懸念(06/14)

航空会社に警告、不当な手数料徴収で当局(06/14)

ペナン、1Qの製造投資8.7倍 米の大型投資で人材市場にも余波(06/14)

RM=26.0円、$=4.16RM(13日)(06/14)

グーグルが「中国離れ」、台湾などに生産移設か(06/14)

プロトン販社、2社とR&Dの合弁会社設立(06/14)

ベルマツオート、19年度4月期は増収増益(06/14)

ECRL受注競争で建設株指数が活発化(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン