フィッチが成長率を下方修正、米中摩擦考慮

米格付け会社フィッチ・グループのフィッチ・ソリューションズ(旧BMIリサーチ)は、フィリピンの2019年の国内総生産(GDP)成長率予測を5.9%に引き下げた。1月時点では6.1%と予測していたが、米中貿易摩擦などの国際的な要因で成長率が鈍化するとの見方を示している。23…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アーサランド、国内初の環境配慮型都市開発(15:34)

ボラカイ島の橋建設、サンミゲル案承認へ(15:34)

東ASEAN成長地域、事務局設置を提案(15:34)

テイクオフ:経済成長著しく、あちこ…(06/25)

ダバオ市、戒厳令解除へ 投資呼び込みで市長が意向表明(06/25)

電力産業改革法見直し、議会が2法案審議へ(06/25)

中国電力建設、30億ドルで11事業を推進(06/25)

首都圏の経済区新設凍結、BPO産業に打撃(06/25)

中国人就労のオンラインカジノに最後通告(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン