警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落

監視カメラメーカーなど中国の警備設備関連業界に波紋が広がっている。杭州海康威視数字技術(浙江省杭州市、ハイクビジョン)や浙江大華技術(杭州市)が、トランプ米政権が通信機器世界大手の華為技術(深セン市、ファーウェイ)に続く事実上の禁輸措置の対象として検討中と伝え…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ハンファ傘下、ファーウェイ系部品調達縮小(17:33)

NEVへの移行、政府は強制しない=識者(13:38)

テイクオフ:目の調子が悪く、地元の…(06/17)

工作機械輸出、7カ月連続減 5月は8%減、メーカー各社も減収(06/17)

逃亡犯条例改正案の審議延期 撤回はせず、緊張継続か(06/17)

5月の工業生産5.0%増 10年ぶり低水準、米中摩擦影響(06/17)

米の対中追加関税率、15日から一律25%に(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

シャオミ下請けホリテック、印北部に工場(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン