• 印刷する

テイクオフ:済州道で暮らした子ども…

済州道で暮らした子どもの頃。雨が降れば口を大きく開けて飲んでみたり、軒下にできたつららを食べてみたり、冬の楽しみでもあった。きれいな自然は誰もがタダで得られるものと思っていたので「水を買う」という行為は笑い話だった。

韓国ではこのほど、食品医薬品安全庁のお墨付きで「ポータブル酸素」の販売が許可された。いまや大気汚染のの影響で、しばしば空が黄色くかすむ。空気清浄機は持ち運びができるよう携帯型も売り出されている。さまざまな香りの酸素が気軽に買える時代もすぐそこに来ているのかもしれない。環境意識の高まりは韓国でも顕著だ。ストローは紙になり、エコバックやマイコップ、マイ水筒を持つ人も増えた。

エコはもう選択ではなくなったようだ。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:友人から送られてきた1…(03/31)

新型コロナで支援金、1世帯に9万円支給へ(03/31)

新型コロナ感染者9661人、死者は158人に(03/31)

鉄鋼大手の海外工場、生産停止相次ぐ(03/31)

韓国大手メーカー、技術者の海外出張再開(03/31)

バイト求人も氷河期に、新型コロナで急減(03/31)

保険会社の逆ざや、今年は過去最大規模に(03/31)

19年のカード利用額、過去最大に(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン