• 印刷する

テイクオフ:済州道で暮らした子ども…

済州道で暮らした子どもの頃。雨が降れば口を大きく開けて飲んでみたり、軒下にできたつららを食べてみたり、冬の楽しみでもあった。きれいな自然は誰もがタダで得られるものと思っていたので「水を買う」という行為は笑い話だった。

韓国ではこのほど、食品医薬品安全庁のお墨付きで「ポータブル酸素」の販売が許可された。いまや大気汚染のの影響で、しばしば空が黄色くかすむ。空気清浄機は持ち運びができるよう携帯型も売り出されている。さまざまな香りの酸素が気軽に買える時代もすぐそこに来ているのかもしれない。環境意識の高まりは韓国でも顕著だ。ストローは紙になり、エコバックやマイコップ、マイ水筒を持つ人も増えた。

エコはもう選択ではなくなったようだ。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国Kリーグで活躍する…(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

19年の訪日韓国人26%減 日韓対立で五輪イヤーに不安も(01/20)

政策金利1.25%、2度目の据え置き(01/20)

韓国現代系がマンゴー加工工場、輸出も開始(01/20)

訪日消費4兆8千億円、7年連続で過去最高に(01/20)

19年の韓国企業間M&A、景気低迷で12%減(01/20)

日本人の海外旅行者、2千万人突破(01/20)

現代自、製品販売サイトを開設(01/20)

20年の景気予測、「19年より改善」は1割(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン