• 印刷する

大統領選結果、世論調査の得票率速報と僅差

インドネシアの中央選挙管理委員会(KPU)が21日に発表した大統領選挙の結果は、現職のジョコ・ウィドド大統領(57)が55.5%、野党グリンドラ党のプラボウォ党首(67)が44.5%を獲得し、ジョコ大統領が再選した。世論調査機関が投票締め切り後間もなくして発表した、得票率の予想速報との差は最小で0.12ポイント、最大でも1.47ポイントとそれほど大きな差はなかった。22日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

予想との差が0.12ポイントと最も小さかった戦略国際問題研究所(CSIS)とサイラス・ネットワーク(CN)は任意に抽出した全国2,002カ所の投票所のC1用紙全数を分析し、ジョコ大統領が55.62%、プラボウォ氏が44.38%と予想していた。プラボウォ陣営はこの手法と透明性に関して疑問を投げかけていたが、CSISのフィリップス・エグゼクティブディレクターは「われわれは科学的に確立され、実績のある調査方法を採用している。作業過程も透明性を確保しており、一般の方に作業風景を見学してもらうこともできる」と述べ、KPUが発表した公式結果は予想の正確性を裏付けることになったと語った。

別の調査会社であるサイフル・ムジャニ・リサーチ・アンド・コンサルティング(SMRC)のシラジュディン氏は「KPUの公式結果との差が小さいということは、KPUの開票作業に不正がなかったということも意味する」と述べた。

世論調査機関の速報は大統領選挙が直接投票となった2004年に初めて行われた。出口調査とは異なり、全国の投票所からランダムに抽出したC1用紙を使用する。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

デジタル課税、徴収対象に10社追加(08/07)

統一データポータル構想、標準化など課題(08/07)

首都の企業31社を一時閉鎖 PSBB移行期、従業員感染など(08/07)

財務相、法人予納税の減額率を50%に拡大へ(08/07)

国内でビザ失効、今月20日までの出国義務化(08/07)

イオンBSD店が臨時休業、社員2人が陽性(08/07)

配車ゴジェック、新アプリのサービス開始(08/07)

トヨタがカローラSUV発売、HVタイプも(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン