• 印刷する

首都圏コンド、最高値は平米当たり116万円

マニラ首都圏では、高級コンドミニアム(分譲マンション)の価格上昇が続いている。米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンによると、事前販売の最高値は1平方メートル当たり55万ペソ(約116万円)に達している。

最高値の物件について、コリアーズは具体的に言及していないものの、地元紙ビジネスワールドは、マカティ市の中央商業地区(CBD)のアヤラ通り沿いで建設が進められている「ザ・エステート・マカティ」を挙げている。同物件は、SMデベロップメント(SMDC)とフェデラル・ランドの合弁事業として、今年1月に着工。2ベッドルームから4ベッドルームまでの188戸を供給することになっている。

首都圏のマカティCBD、フォート・ボニファシオ、湾岸地区では、コンドミニアムに対する旺盛な需要を背景に、過去3年間で建設計画が増えている。コリアーズは「建設用地が限られているマカティCBDの高級コンドミニアムは、投資家にとって非常に魅力的な物件だ」と指摘した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

アーサランド、国内初の環境配慮型都市開発(15:34)

ボラカイ島の橋建設、サンミゲル案承認へ(15:34)

東ASEAN成長地域、事務局設置を提案(15:34)

テイクオフ:経済成長著しく、あちこ…(06/25)

ダバオ市、戒厳令解除へ 投資呼び込みで市長が意向表明(06/25)

電力産業改革法見直し、議会が2法案審議へ(06/25)

中国電力建設、30億ドルで11事業を推進(06/25)

首都圏の経済区新設凍結、BPO産業に打撃(06/25)

中国人就労のオンラインカジノに最後通告(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン