反発、米中関係の緊張後退で=香港株式

22日の香港株式市場は4日ぶりに反発して終了した。米国が、中国の華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置で一部事業者に90日間猶予すると発表したことで、米中関係の緊張が短期的に後退した。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比48…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

香港政府、新型肺炎の警戒レベルを最高に(01/27)

テイクオフ:職場で朝、パソコンを開…(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日系企業の4Q業績悪化進む、見通しは横ばい(01/24)

新型肺炎への対応など紹介、領事館職員(01/24)

香港の中国化進めば追加格下げも、フィッチ(01/24)

仮想銀行、2人に1人が利用意向=VISA(01/24)

反落、新型肺炎拡大に警戒感=香港株式(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン