OECD、19年の実質経済成長率を下方修正

経済協力開発機構(OECD)は21日、2019年の韓国の実質経済成長率が2.4%になるとの見通しを発表した。前回3月時点の予想から0.2ポイントの下方修正になる。設備投資が低迷し雇用が悪化するなど内需が弱含む中、中国経済の減速による輸出低迷を反映した。 韓国は消費者物価指…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼業界に新たな頭痛の種 行政と対立、汚染物資排出めぐり(17:05)

SKTとLG、5Gクラウドロボット開発(16:43)

SKCがエコ製品事業拡大、包装材を供給(16:43)

テイクオフ:旅・グルメコラムニスト…(06/25)

デジカメ、トレンドは専門性 高画質・動画需要で低迷克服へ(06/25)

光州自動車工場新設、合弁法人を7月設立(06/25)

現代自、シンガポール交通大手にEV供給(06/25)

5月ICT輸出23%減、7カ月連続マイナス(06/25)

韓国企業の株主資本利益率、新興国で最下位(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン