• 印刷する

《日系進出》双日、ベンガルールに新規事業開発拠点

双日は21日、インド法人の双日インドが南部ベンガルール(バンガロール)に出張所を開設したと発表した。先端分野の技術・サービスに関する現地の情報をいち早く入手し、地場スタートアップとの協業などを通じて、新規ビジネスの開発を目指す。

ベンガルール出張所は双日にとって、米サンノゼに続く2カ所目のイノベーション活動拠点となる。

双日は1月に、ベンガルールに拠点を置くベンチャーキャピタル(VC)、スリー・ワン・フォー・キャピタル・アドバイザーズが運用するベンチャーファンド「コンティヌーム1」に出資した。スタートアップや高度IT人材が集積するベンガルールで、同ファンドから人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)といった分野の情報を入手し、新規事業を模索するとしている。


関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

テイクオフ:インドではヒンズー教徒…(11/11)

富士電機がインド事業拡大 5年で売上倍増、製造ハブに(11/11)

地場と中国勢、西部プネに電気バス工場を設置(11/11)

和碩が投資拡大へ、越・印に工場計画(11/11)

マヒンドラ、7~9月は8割減益(11/11)

ヒーローが海外販売を強化、1割に拡大(11/11)

ヤマハ発が初のBS6適合車、今月発売(11/11)

みずほ銀、日印スタートアップ連携支援を強化(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン