• 印刷する

《日系進出》双日、ベンガルールに新規事業開発拠点

双日は21日、インド法人の双日インドが南部ベンガルール(バンガロール)に出張所を開設したと発表した。先端分野の技術・サービスに関する現地の情報をいち早く入手し、地場スタートアップとの協業などを通じて、新規ビジネスの開発を目指す。

ベンガルール出張所は双日にとって、米サンノゼに続く2カ所目のイノベーション活動拠点となる。

双日は1月に、ベンガルールに拠点を置くベンチャーキャピタル(VC)、スリー・ワン・フォー・キャピタル・アドバイザーズが運用するベンチャーファンド「コンティヌーム1」に出資した。スタートアップや高度IT人材が集積するベンガルールで、同ファンドから人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)といった分野の情報を入手し、新規事業を模索するとしている。


関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:暑さを逃れて、シムラや…(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

スマホのEC出荷、過去最高 ECと店舗で出荷のバランス探る(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

シャオミ下請けホリテック、印北部に工場(06/17)

Rジオ、売上高で初めて国内2位に(06/17)

エア・ウォーター、印の産業ガス事業取得(06/17)

大和エナジー、洋上太陽光企業に出資(06/17)

自動車販売店の低迷続く、二輪は在庫が拡大(06/17)

伊ピアッジオ、電動三輪車を年内に発売(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン