• 印刷する

ロッテ、カード会社売却の優先交渉権者変更

韓国・ロッテグループのロッテ持ち株が、グループ傘下のロッテカードの売却の優先交渉権者をプライベートエクイティ(PE)ファンドのハンアンドカンパニーからMBKパートナーズのコンソーシアムに変更したことが21日、分かった。

一般の持ち株会社は金融系の子会社を所有できないとする「金産分離」の原則に基づき、ロッテ持ち株は同社を10月までに売却しなければならない。しかし、ハンアンドカンパニーの韓相遠(ハン・サンウォン)代表が2016年に行った通信大手KTとの合併・買収(M&A)交渉が韓国検察の捜査対象となったことで、期間内に買収交渉をまとめることができない可能性が高くなったという。ロッテ持ち株の広報担当者はNNAの取材に対し、「MBKパートナーズ側と売却交渉を進めていく」とコメントした。

韓国メディアでは、ハンアンドカンパニーがロッテカードの80%の株式の取得額として1兆4,400億ウォン(約1,370億円)を提示したと伝えられていた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎の感染、20人急増 経路つかめず、大邱に不安広がる(22:08)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(20:41)

大気汚染物質の観測衛星打ち上げ、世界初(19:03)

アシアナ航空が役員報酬カット、業績悪化で(16:18)

現代自の中国販売台数、1月は4割減(19:03)

ライドシェアのタダ、一審判決で「無罪」(15:56)

KTがコンテンツ確保、OTT競争激化で(18:19)

テイクオフ:米アカデミー賞で4冠と…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

まだ続く日本製品の不買運動 消費財輸入3割減、品目も多様化(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン