• 印刷する

ロッテ、カード会社売却の優先交渉権者変更

韓国・ロッテグループのロッテ持ち株が、グループ傘下のロッテカードの売却の優先交渉権者をプライベートエクイティ(PE)ファンドのハンアンドカンパニーからMBKパートナーズのコンソーシアムに変更したことが21日、分かった。

一般の持ち株会社は金融系の子会社を所有できないとする「金産分離」の原則に基づき、ロッテ持ち株は同社を10月までに売却しなければならない。しかし、ハンアンドカンパニーの韓相遠(ハン・サンウォン)代表が2016年に行った通信大手KTとの合併・買収(M&A)交渉が韓国検察の捜査対象となったことで、期間内に買収交渉をまとめることができない可能性が高くなったという。ロッテ持ち株の広報担当者はNNAの取材に対し、「MBKパートナーズ側と売却交渉を進めていく」とコメントした。

韓国メディアでは、ハンアンドカンパニーがロッテカードの80%の株式の取得額として1兆4,400億ウォン(約1,370億円)を提示したと伝えられていた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼業界に新たな頭痛の種 行政と対立、汚染物資排出めぐり(17:05)

SKTとLG、5Gクラウドロボット開発(16:43)

SKCがエコ製品事業拡大、包装材を供給(16:43)

テイクオフ:旅・グルメコラムニスト…(06/25)

デジカメ、トレンドは専門性 高画質・動画需要で低迷克服へ(06/25)

光州自動車工場新設、合弁法人を7月設立(06/25)

現代自、シンガポール交通大手にEV供給(06/25)

5月ICT輸出23%減、7カ月連続マイナス(06/25)

韓国企業の株主資本利益率、新興国で最下位(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン