米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち

米中貿易摩擦の激化が、台湾の電子部品製造などIT企業の業績を大きく揺るがそうとしている。台湾政府系シンクタンクの資訊工業策進会(資策会)傘下でIT産業関連の調査を担う産業情報研究所(MIC)はこのほど、今月10日に実施された米国の追加関税率の引き上げの影響を受け…

関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「輸出受注の下げ幅圧縮へ」、経済部(11:47)

テイクオフ:台湾総統選まで50日余…(11/21)

10月の輸出受注、3.5%減に 1年連続でマイナス、電子上向き(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

晶元光電、来年の資本的支出を50億元超に(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

仁宝、米MSと工業IoT市場を開拓(11/21)

奇力新が越に生産移管、20年上期に完了(11/21)

微星科技、米企業とモバイルゲーム市場開拓(11/21)

納智捷が開発パートナー模索、リスク軽減へ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン