• 印刷する

《日系進出》リネット、東南アの統括会社設立

小型家電リサイクル事業を手掛けるリネットジャパングループ(名古屋市)は21日、シンガポールに東南アジア諸国連合(ASEAN)事業の統括子会社を設立した。ASEAN事業の意思決定の迅速化と効率化を図るのが狙い。

新会社の名称は「リネット・ジャパン・インターナショナル」。資本金は5万Sドル(約400万円)で、リネットジャパンが100%出資した。

オフィスはシンガポール中心部ラッフルズ・プレイスにあるオフィスビル「シンガポール・ランド・タワー」の30階に開設。ASEAN諸国への進出、事業展開の加速、資金調達や合併・買収(M&A)の検討・実施など域内事業に関する意思決定の場とする。

リネットジャパンは2017年、カンボジアで車両リース事業に参入。その後、技能実習生の送り出し事業やマイクロファイナンス(小口金融)事業も開始し、現在同国で子会社5社を運営している。今年4月にはインドネシアで、5月にはミャンマーでもそれぞれ現地の人材送り出し機関と業務提携した。

同社はASEANで提携先がある国を増やし、年間1,000人規模の技能実習生の送り出し体制を整えることを目標に掲げている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 金融サービス

その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率、初の2桁マイナス コロナ禍で約11年ぶり景気後退(19:45)

マレーシアとの出入国制限、8月10日に緩和(19:35)

政府、外国人労働者締め付け強化へ=シティ(19:01)

複合ケッペル、淡・海水の浄水施設稼働(18:59)

不動産業界、コロナ禍で上半期の業績悪化(18:59)

中国の防水材企業、シンガポールで特許取得(18:59)

新規感染347人、計4万6630人(14日)(21:15)

テイクオフ:来月9日は、シンガポー…(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン