• 印刷する

鈴江コーポ、CFS倉庫を5倍に増強

物流の鈴江コーポレーション(横浜市)は17日、ミャンマー最大都市ヤンゴン東部の物流倉庫、コンテナ・フレイト・ステーション(CFS)を増設し、現在の約5倍の規模に増強すると発表した。ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)に進出する日系企業だけでなく、地場企業などの物流ニーズを取り込む。

現地財閥カウン・ミャンマー・アウン(KMA)傘下のKMAシッピングとの合弁会社「KMA鈴江ロジスティクス・ミャンマー」が、ダゴン・セイッカン郡区で2018年から運営するCFSを増設し、20年4月の運用開始を目指す。増設部分を合わせると倉庫の延べ床面積は、現在の5倍の約8,200平方メートルとなる。投資額は非公開。

鈴江コーポのCFSは、ヤンゴン中心部のヤンゴン港、南東郊外のティラワ港の双方から約15キロメートルの中間地点に位置し、どちらの港を使う場合でも、貨物輸送の中継地点として、コンテナ貨物の保管、仕分け、積み替えなどに活用できる。

鈴江コーポレーションによるCFS拡張工事の完成イメージ図(同社提供)

鈴江コーポレーションによるCFS拡張工事の完成イメージ図(同社提供)


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

中国企業のミャンマー生産移転、電力が障壁(06/25)

全国の自動車販売店、5月時点で120店に(06/25)

不動産シンハ、ミャンマーで複合施設開発へ(06/25)

今年度の税収、5月までで4兆チャット超(06/25)

ヤンゴン、道路整備と電力供給の予算を拡大(06/25)

昨年10月~4月の対中貿易額、67億米ドル(06/25)

マンダレー管区、雇用創出担当省を創設(06/25)

ウィン・カイン電力相、病気で療養中(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン