• 印刷する

尖沙咀で商業施設続々、年内に3カ所

香港九龍・尖沙咀で、年内に商業施設3カ所が相次ぎ完成する。売り場面積は合わせて160万平方フィート(約14万8,600平方メートル)余りに上り、近年では最大規模となる。20日付香港文匯報などが伝えた。

香港のデベロッパー大手、新世界発展(ニューワールド・デベロップメント)は第3四半期(7~9月)に、ソールズベリー・ロード(梳士巴利道)で複合施設「ビクトリア・ドックサイド」のショッピングエリア「K11 MUSEA」を開業する予定。売り場面積は115万7,000平方フィートで、英老舗百貨店の香港1号店などが入居する見通しだ。

同業の恒基兆業地産(ヘンダーソンランド・デベロップメント)は、ミドルロード(中間道)で小売りや飲食、医療といったサービスの業者が入居する商業施設「H Zentre」(約34万平方フィート)の建設を進めており、第3四半期に完成する予定。年内には中国本土投資家の出資による商業施設(約10万4,000平方フィート)もキンバリーロード(金巴利道)で完成する予定だ。

香港不動産仲介大手の美聯集団(ミッドランド・ホールディングス)のグループ会社、美聯旺舗の盧展豪・取締役は「香港と本土を結ぶ高速鉄道『広深港高鉄』香港区間の開通で、旅行者が顕著に増えている。商業施設がそれぞれ消費者のニーズに応えていくことが予想され、競争激化には発展しない」と指摘。尖沙咀のテナント賃料相場については「商業施設の開業の影響は軽微で、今年も安定的に推移する」との見解を示した。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産運輸小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:職場で朝、パソコンを開…(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日系企業の4Q業績悪化進む、見通しは横ばい(01/24)

新型肺炎への対応など紹介、領事館職員(01/24)

香港の中国化進めば追加格下げも、フィッチ(01/24)

仮想銀行、2人に1人が利用意向=VISA(01/24)

反落、新型肺炎拡大に警戒感=香港株式(01/24)

バーバリー、香港店舗の閉鎖計画なし(01/24)

日式食べ放題の大喜屋、上場ヒアリング通過(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン